everything was futile, a chasing after the wind

Ecclesiastes 1:14

フロントエンドエンジニアとして上達するため、自分の経験をまとめて、学習資料を整理しました。 JavaScriptのデザインパターンから、関数型プログラミングまで幅広く本を読んでいただければ、品質のいいコーディングを必ずかけます。 React、Angularなどの習得の基礎になりますので、ぜひ目を通してみてください。 しかも全部無料となります。 ※英語力が少しいります   https://github.com/thundermiracle/learn-javascript  

全てのdockerコンテナーを再起動: sudo docker restart $(docker ps -q)   dockerのコンテイナーの名称を指定して再起動: sudo docker restart $(docker ps -f “name=your-container-name-here” -q)   Vagrant中のdockerコンテナーを再起動: vagrant ssh …

Ubuntu16.04をベースとして、react,nodejs用の日本語開発環境をラップしてvagrant cloudへアップロードしました。 【環境詳細】 ベース: Ubuntu16.04 GUI: lubuntu 言語:日本語 adminユーザ:ubuntu/ubuntu インストールソフトウェア: nodejs, npm, n, yarn, docker, docker-compose; VisualStudioCode, Chrome, RestAPIClient; Mozc; ダウンロードURL:https://app.vagrantup.com/thundermiracle/boxes/lubuntu1604-ja …

Webhook環境構築はこちらへ:Webhookで自動デプロイ–ステップ1 Webhookで簡単デプロイの設定手順はこちらへ:Webhookで自動デプロイ-ステップ2 Webhookで自動デプロイすることが前回まで既にできました。でも、まだ完成とは言えません。 残りの問題: 更新は失敗した場合、どこに引っかかっているかわからない 設定ファイルさえないので、新しいWebhookを導入する時、gitlab.phpをいじらなければいけないため、人為的なミスが発生する確率が高くなる LAMP環境とデプロイ用のgitlab.phpなどを1コマンドでデプロイサーバに展開できればいいかなと。。 問題1について: a. GUIで管理して、履歴をDBへ保存する b. ログの追加 デプロイプロジェクトをGUI化にしたら、そこそこのコストがかかります。 開発、メンテナンスにも手間が必要です。 もし履歴などを(自動テスト結果とかも)管理したければ、Webhookではなく、CI/CDを利用したほうが断然コストが低いし、安定性も高いので、選択肢aをパスしました。 選択肢bを実装しましょう。 function writeLog($logPath, $msg) { /* …

ステップ1でWebhook専用の環境が用意できたと思います。 していない場合こちらへ:Webhookで自動デプロイ–ステップ1 では、ソースコードをgitlabサーバのリポジトリにプッシュしたら デプロイサーバ側: gitlabサーバからの通知を受信したら、デプロイ作業を行う。 gitlabサーバ側: gitlabのWebhookを利用して、デプロイサーバへ通知する デプロイサーバ側: まずデプロイサーバのLAMP環境に、gitlab.phpを追加します。 中身は下記のように入れます。   1.gitlabからのWebhookから受信したことを判断する(x_gitlab_token) $env_token = ‘enter_your_own_secret_token’; $clientenv_token = isset($_SERVER[‘HTTP_X_GITLAB_TOKEN’]) ? $_SERVER[‘HTTP_X_GITLAB_TOKEN’] : …

Ubuntuのパッケージをインストールする時、新しいカーネルが必要となるエラーが出てきて、 update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-4.4.0-104-generic gzip: stdout: No space left on device E: mkinitramfs failure cpio 141 gzip 1 update-initramfs: failed for …

そもそもWebhookは何でしょうか? Wikiによると、 Webhooks are “user-defined HTTP callbacks“. They are usually triggered by some event, such as pushing code to a repository …

Dockerを利用してデプロイする場合、デプロイユーザにroot権限を与えたり、sudoグループに追加したりすることはセキュリティにはよいとは言えないでしょう。 デプロイユーザにDockerコマンドの実行権限をあげれば一番いいと考えます。 ユーザー「deployer」を例として: echo "dockerグループはすでにあるはずだけど念の為" sudo groupadd docker echo "現在のユーザーをdockerグループに入れる" sudo usermod -aG docker deployer

ハードウェアが急に動かなくなったら、一般的にデバイスマネージャを開いて、黄色ウォーニングマークがついているデバイスを削除して、「ハードウェア変更のスキャン」を押して自動的に再インストールすれば解決できるはずです。 特にWindows7なら、極端なハードウェアじゃなければ、ドライバーが全部自動的にインストールできるはずなのです。 しかし、今日急にDVDドライブが動かなくなった。 トラブルシューティングで「ハードウェアが壊れましたあるいはドライバーが正しくインストールされていません」というWindows風の無駄ヘルプが出てきて、無視して下記の手順で直った。

確かに、GUIを利用してソフトウェアをインストールすれば、直感的な操作で誰でもインストールできるんですが、 複数の環境ソフトを順番にインストールしなければならない場合、すべての画面を一つずつnextをクリックすると、うんざりするでしょう! だから、コマンドラインにより、自動的なサイレントインストールが必要です。 じゃ、これから始まりましょう!

2011年5月18日にいいホテルをリリースしました。 良旅.comはホテル検索専用のサイトです。 良旅.comの中に、Googleと同じ全文検索で気に入りのホテルを探すことができるし、 地図の上にホテルの周辺状況も確認できます! ホテル予約する前に、ホテルの周辺状況の確認して、近くの何箇所のホテルを一緒に見比べて、一番あわせるホテルを探すことができます。 そして、じゃらんさんと連動しているので、決まったらすぐにホテル予約できます。 未来に、日本全国の観光地も収録しようと思いますので、予約のホテルは観光地に行けやすいかどうか一目瞭然に確認できます。 ぜひ、良旅.comに任せてください! お楽しみに! アクセスはこちら:http://tabi-jp.com

“2009年の末、広東省深ジェン市第二人民病院の看護師郭ジュンメイさんがボーナスの分配について不満を上級機関に訴えようとしたところ、病院側が精神科医をその上級機関の人になりすまさせて、郭さんに合わせた。この一回だけの会見で、精神科医が郭さんを精神病患者と決めつけ、会見の内容をもとに病歴を作った。病院側がこの病歴を口実にして、郭さんを退職させて、治療を進めた。郭さんが精神病を認めず、裁判所に訴え、今年5月6日、勝利と裁定された。”という記事がありました。

この会社のライトバージョンは2008からダウンロードできるようになったが、無償版のダウンロードリンクは極めて見つけにくいですね。 時間をかかってやっと見つかったが、ここにダウンロードパスをシェアします。 ダウンロードページ:

ブログ | ThunderMiracle